ビタミンの概要

皆さんは、本当にビタミンをご存知ですか、すばらしい効果がある反面、
過剰摂取による副作用も存在します。
豊富な知識を身につけ、摂取量を知り、効果を上手に利用しましょう。

ビタミンの定義

日本ビタミン学界と(社)ビタミン協会では、ビタミンの定義を『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず、自分で作ることができない化合物』とされています。(極微量ながら、体内で生成できるビタミンも一部あります。)

つまり、健康的に生きて行くうえで必要な物質なのですが、自分で作ることができない物質ということです。

体内で作り出せない以上は、野菜や果物などの食べ物や、食品などで外から補給をする以外は、体内に存在しない栄養素という事です。

ビタミンの種類

現時点では、ビタミンAをはじめとして、13種類ンが確認されています。大きくは、脂溶性と水溶性に分類されています。

しかし、13種類というのは、現在の種類の数であり、技術革新や研究などにより、これからもっと種類が増えることも考えられます。

また、過去にはビタミンとして区分されていたものの、後の研究等でビタミンの定義からはずれた物質もあります。それが、最近話題の、ビタミン様物質です。

ビタミンF(多価不飽和脂肪酸)やビタミンP(フラボノイド)なのがそれらですが、これらの栄養素もビタミンに劣るというわけではありません。

ビタミンの役割や効果

脂肪・炭水化物・タンパク質の代謝はB群が、女性が気になるコラーゲンの生成はCが、活性酸素の除去はビタミンEが、など様々な役割を果たしています。

ビタミンには、それぞれの効果以外にも特徴あります。
この栄養素は、13種類がお互いに密接に関わっており、役割や効果を補完しあっているということです。

ひとつのビタミンを摂取するよりも、複数の相性のよいもの同士を同時に摂取すると、格段に効果が上がる場合が多いのです。

代表的な例としては、ビタミンB郡などが上げられます。葉酸は、ビタミンB6やパントテン酸、B12などと協力して免疫力を高めているのです。また、栄養素によっては、同時に体内に存在しないと効果を発揮できないものもありますので注意してください。

それぞれの栄養素の詳しい効果は、左のメニューで各ビタミンの役割を調べて見てください。

ビタミンの補給方法

前記しました、ビタミンの定義どおり、自分では作る事の出来ないのがビタミンです。
その為に、野菜や果物などの食べ物や食品から継続的に、体内に補給する必要があります。

しかしながら、野菜や果物に含まれる栄養素が昔に比べて減少していることや、食べ物の好み、宗教的な制約など様々な事情で、十分な摂取量を確保できない時は、サプリメントで補給する事もひとつの方法です。

ただし、サプリメントなどでビタミンを補給する場合は、前述した通り、単体でビタミンを摂取するよりも、まずはマルチビタミンの効果を利用できる複合栄養素の形で摂取する方が望ましいでしょう。

その上で、特に意識したいビタミンがあれば、プラスして摂取するのが理想的で、一番効果的といえるでしょう。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「解りやすいビタミンの効能 」All rights reserved.