セレニウムの効果

抗酸化酵素の主成分であるセレニウムは、魚介類などの食品に多く含まれています。
男性と深いかかわりを持ち、セレンとも呼ばれるこのミネラルは、
水銀などを無害化するデトックス効果もあり、注目を浴びています。
過剰症に気をつけながら、食べ物からの摂取を心がけましょう。

セレニウム(セレン)

[元素記号]Se [分類]必須微量元素

抗酸化作用が強い、セレンの効能

男性が原因による不妊の改善

精子を構成する物質でもあるセレニウム(セレン)は、精子を強く元気にする事により、不妊に効果があるとされています。

セレニウムは生活習慣病を予防します。

強い抗酸化作用があるセレニウムは、生活習慣病(がん、動脈硬化など)の原因となる活性酸素を分解します。ビタミンEなどの抗酸化物質と同時に摂ると効果が高まりますと言われています。

若返りの効果

セレニウム(セレン)の持つ、抗酸化作用で活性酸素を分解させることで、酸化を防ぎ、血管や肌など体中の老化を抑えてくれるので、若さを保てます。

有害ミネラルの排出

セレニウムは自分自身と結合させる事により、水俣病などで問題になった、水銀などの人体に有害なミネラルを無害化します。水銀などはいったん体内に取り込まれると排出することが難しいので、セレンの効果は非常に注目されています。

更年期障害の改善

セレニウムは、女性の生殖生理作用に深く関わっています。女性ホルモンのバランスを整える事で、更年期障害や、生理不順を改善します。

脳血栓や心筋梗塞の予防

セレンは、血圧に関わるホルモンと深く関係しており、そのホルモンに作用する事で、血管を拡張させたり、血液が固まるのを防いでくれます。その結果、脳血栓や心筋梗塞と言った血栓症を予防してくれます。

セレニウムの欠乏症

抗酸化作用の弱体化による、生活習慣病のリスクの増大

セレニウムの過剰症

胃腸障害

末梢神経障害

爪の変形や脱毛

摂取時の注意点

ビタミンEや亜鉛ビタミンAカテキンなどの抗酸化作用のある栄養素と同時に摂取すると効果的です。

過剰症には十分に注意しましょう。

セレニウムの関連サイト

抗酸化ミネラル、セレニウムの効果
抗酸化作用に代表される、セレンの効果をわかりやすく解説しています。レシピや抗酸化作用の解説もありますので参考にしてください。

1日当りの摂取量
  厚生労働省
推  奨  量
適正値 上限値
男性 30μg 450μg
女性 25μg 350μg
食品100g当たりでのセレニウム含有量

まぐろ(生)(337μg)

たらこ(275μg)

干しえび(650μg)

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.