レスベラトロールの効能を解説

レスベラトロールはポリフェノールの一種です。
活性酸素を抑制する効果を持っていることから、NHKで取り上げられ注目を集めています。
気になる安全性や副作用も学んで上手に利用しましょう。

レスベラトロール

[大分類]ポリフェノール

驚きの、レスベラトロールの効果

ずば抜けた抗酸化作用

レスベラトロールは、すばらしい抗酸化作用を持っています。
その抗酸化作用により、体内に存在する余分な活性酸素を抑制し、体への影響を抑える効果が期待されています。

動脈硬化の予防

当然ながら、レスベラトロールの抗酸化作用による動脈硬化の予防も期待できます。さらに、様々な生活習慣病の予防にも役立つとされています。

抗がん作用

最近の研究では、いずれのがんのステージにおいても、抗酸化作用により抑制する作用があるとされています。これらのレスベラトロール研究において、今後のがん予防物質としての期待が高まっています。

老化の抑制

サーチュイン遺伝子は、老化を遅らすことが研究でわかってきています。レスベラトロールは、この、サーチュイン遺伝子を活性化する効果を持っており、その効果により、脳や各部位の老化を遅らすとされています。
この働きが、NHKで紹介されました。

レスベラトロールの副作用

現在、レスベラトロールの副作用は、報告されていません。

摂取時の注意点

サーチュイン遺伝子の活性化には、摂取カロリーを抑えることも必要です。

レスベラトロールの関連サイト

レスベラトロールの効果。
話題のレスベラトロールの効果を解説しています。安全性や、副作用に付いても紹介しています。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。

また、当サイトは、漫画や中国株などとは一切関係がございません。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.