ポリフェノールの効能を解説

ポリフェノールは植物などに含まれる、苦味であったり色素であったりします。
種類もたくさんあり、赤ワインやお茶などの加工食品にも多く含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用が特徴です。

ポリフェノール

[大分類]ファイトケミカル [小分類]ポリフェノール

植物の力、ポリフェノールの効果

優れた抗酸化作用

ポリフェノールには、優れた孔酸化作用があります。
赤ワインやお茶は、廊下を遅れセル働きがあるといわれていますが、これは、ポリフェノールを多く含んでいるからです。

動脈硬化の予防

ポリフェノールの抗酸化作用が、LDLコレステロールの酸化を防いでくれるので動脈硬化の予防に役立ちます。

免疫力の強化

ポリフェノールの一種であるカテキンなどは、インフルエンザにも有効とされています。これも、ポリフェノールの効果作用のなせる業です。

ポリフェノールの副作用

ほとんどのポリフェノールで副作用は、報告されていません。

摂取時の注意点

ポリフェノールは赤ワインやお茶などに多く含まれていますが、それらには他の成分も含まれますので摂取方法には注意して下さい。

ホルモンに刺激を与えるポリフェノールについては、妊婦さんは注意が必要です。

ポリフェノールの関連サイト

ポリフェノールの効果。
植物に多く含まれるポリフェノールの効果や種類を解説しています。多く含む食品も紹介しています。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。

また、当サイトは、漫画や中国株などとは一切関係がございません。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.