レシチンの効能

大豆や卵黄等の食品に多く含まれているレシチンは、サプリメントで人気を集めています。
動脈硬化や認知症などの、生活習慣病の予防に役立つ事から、多くの人から高い支持を得ています。

レシチン

[分類]リン脂質

レシチンの効果

脳の働きを高めます。

レシチンは、脳内の神経伝達物質(シナプス)の主成分となる為、しっかりと摂取する事で、脳の働きをサポートし、集中力や記憶力を高める事が言われています。
又、認知症の予防にも期待されている栄養素です。

血液の健康を保ちます。

血液の流れを悪くする原因は、悪玉コレステロールなどがあります。レシチンは、血管壁に付着している悪玉コレステロールを掃除し、血液の流れをスムーズにします。
この働きから、動脈硬化など血液の悪循環から発症リスクを高める病気を予防する事が出来ます。

肝臓の健康を保ちます。

レシチンは、脂肪の代謝を促進させ、肥満の解消や予防には欠かす事が出来ません。逆に不足すると、コレステロールや中性脂肪の代謝が悪くなる事で、肝臓が脂肪ぶくれになり、脂肪肝を招くリスクを高めます。

レシチンの関連サイト

【レシチン】効果やサプリメントの選び方。
レシチンの持つ保湿効果や、美容効果、さらに間接への働きなどを解説しています。副作用やサプリメントの選び方も紹介しています。

レシチンの副作用

大豆や卵黄など、通常の食品に由来する成分なので、非常に安全性が高い栄養素として知られています。これまで、問題となった副作用は報告されていません。

レシチンの欠乏症

肝脂肪など。

摂取時の注意点

脳への働きを助ける為には、DHAと一緒に摂取すると効果的です。

レシチンは、ビタミンEカルシウム等の栄養素と相性が良いといわれています。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

多く含む食品

豆腐や納豆など、大豆を主原料とする食品に多く含まれています。

又、卵黄にも豊富に含まれています。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.