イソフラボンの効能

簡単にイソフラボンの効果や副作用を解説しています。
大豆などの豆類に多く含まれ、主に女性ホルモンの働きやバランスを改善してくれます。最近では、化粧水としてや男性にも効能があることがわかってきています。
ただし、イソフラボンの過剰摂取による副作用には十分な注意が必要です。

イソフラボン

[中分類]フラボノイド [小分類]ポリフェノール

イソフラボンの効果

更年期障害を改善します。

女性ホルモンが減少して起こる更年期障害には、エストロゲンと似たような働きをするイソフラボンを摂取すると症状が改善するとされています。

骨粗しょう症の予防

女性ホルモンには骨の精製にも深く関わっており、バランスが崩れると骨粗しょう症になりやすくなります。イソフラボンはカルシウムが骨から遂げだすのを抑制する効果を持っており、骨粗しょう症の予防につながります。

がんを予防する。

イソフラボンは、女性ホルモンの過剰分泌を抑制する効果も持っており、適度に摂取することで、女性ホルモンが原因のひとつとされている乳がんの予防につながります。また、男性では、前立腺がんの予防に効果がるとされています。

ただし、過剰摂取を行うと逆効果の副作用を生む可能性があるとの報告もあるので注意が必要です。

イソフラボンの欠乏症

特にありませんが、女性ホルモンが減少する時期には摂取をお薦めします。

イソフラボンの副作用(過剰)

ホルモンバランスの崩れ

極くまれに、胃の不調など

摂取時の注意点

過剰摂取には十分に注意が必要です。ただし、摂取量を守れば有用な効果が得られるので、注意しながら活用して下さい。

妊婦さんは、ホルモンバランスを崩す恐れがあるので摂取には十分に注意して下さい。

抗凝血薬、経口避妊薬と併用するとイソフラボンが効果を薄める可能性があるようです。

1日当りの摂取目安量

厚生労働省で設定されている摂取目安量は、大豆イソフラボンで、一日に70mg〜75mgです。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.