イチョウ葉エキスの効能を解説。

イチョウ葉エキスは、ドイツで医薬品として使われており、日本でもサプリメントが人気です。
認知症への効果や冷え性などへの効能があり、DHCや小林製薬といった大手メーカーもサプリを販売しています。
イチョウ葉エキスの副作用に注意して、上手に利用しましょう。

イチョウ葉

[大分類]メディカルハーブ

イチョウ葉エキスの効能

認知症の予防効果

イチョウ葉エキスは、血流をよくする効果があり、脳の血行が悪いことにより引き起こされる認知症の予防に効能をもっています。

抗酸化作用

抗酸化作用を持っているイチョウ葉は、過酸化脂質を抑制する効果を持っており、体内の酸化(老化)を抑制してくれます。

耳鳴りの改善

耳鳴りや難聴は、血行が悪いために引き起こされているものがあります。イチョウ葉エキスの効果で血流をよくすることで、耳鳴りの改善効果が期待されています。

冷え性の緩和

血流が悪いことにより冷え性が発生してる場合はイチョウ葉エキスが大変有効だとされています。また、更年期障害や生理痛などの緩和に効能があるとされています。

イチョウ葉の欠乏症

報告はありませんが、血流が悪くなることにより、血行障害が発生し、さまざまな症状が引き起こされる可能性があります。。

イチョウ葉の副作用

医薬品との相互作用による副作用には注意してください。

イチョウ葉エキス自身には副作用が少なくなっていますが、ギンコール酸を含んでいる場合は注意してください。

摂取時の注意点

DHAにも脳を活性化する効果があり、同時に取るとよいでしょう。

ギンコール酸を含んでいる場合は副作用に注意が必要です。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

ドイツでは、1日当たりの摂取目安量は、120mg程度とされています。

多く含む食品

イチョウ葉

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。

また、当サイトは、漫画や中国株などとは一切関係がございません。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.