グルコサミンの効能。

解りやすく、グルコサミンの効果や副作用などの解説をしています。
サントリーやアサヒなどだけではなく、小林製薬や大正製薬などのメーカーもサプリメント販売しており、通販でも購入できます。
グルコサミンは、副作用も少なく、コンドロイチンとの相互作用に注目されている栄養素です。

グルコサミン

[分類]アミノ糖

グルコサミンの効果

軟骨を再生します。

軟骨で、最も重要な成分である「プロテオグリカン」の主要成分であるグルコサミンは、新たな生成を促進します。コンドロイチンと同時に摂取するとより、関節痛の改善に効果的です。

血流を改善します。

グルコサミンには、血小板の凝集作用を抑制する効果があると言われており、血液をサラサラにし、血流を改善します。

ハリのある肌を作ります。

グルコサミンは、肌に大切な保水性や弾力性を持っていますので、コラーゲンやヒアルロン酸とともに美肌作りに役立ちます。

グルコサミンの欠乏症

軟骨の減少、関節痛

グルコサミンの副作用。

体内でも合成される栄養素であるため、副作用は殆どなく、安全性が高いと言われています。

塩酸グルコサミンの経口摂取の副作用として、軽い胃腸症状が報告されています。

摂取時の注意点

糖の1種であるため、糖尿病の方は血糖値の変化に注意が必要です。

若い人が長期にわたって摂取すると、自然な軟骨再生力を弱める可能性があると言われています。

ワルファリンと併用するとグルコサミンがファルファリンの効果を作用を増強する可能性があるようです。

ヒアルロン酸コンドロイチンと同時に摂取すると効果的です。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

多く含む食品

カニやエビなどの甲殻をはじめ、フカヒレやアンコウ、魚の頭・眼球などの食品に多く含まれていると言われています。

しかし、食品には微量にしか含まれておらず、十分な量のグルコサミンを摂取することができないと言われています。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.