EPAの効能を解説

いわしなどの魚に多く含まれるEPAは、中性脂肪を低下させる効果を持っています。
DHAと同じ不飽和脂肪酸で、EPAサプリメントなども多数販売されています。

EPAとは

[大分類]不飽和脂肪酸

EPAの効果を解説。

EPAが潤いのある肌を作ります。

肌の角質に深く関わっており、EPAを十分に摂取することで、乾燥肌などの肌のトラブルの改善に役立ちます。

EPAは中性脂肪を低下させてくれます。

不飽和脂肪酸の大きな特徴であり、DHAにも同じ効能がありますが、脳卒中や動脈硬化の予防にも役立ちます。

生理痛を和らげてくれます。

生理痛の原因ではないかとされている、プロスタグランジンの抑制をすることで、生理痛を緩和させる効果があるとされています。

EPAの関連サイト

EPAの効果やサプリメントの選び方。
現代人には欠かせないEPAの効果をわかりやすく記載しています。多く含む食品やDHAとの違いも紹介しています。

EPAの欠乏症

現代人の食生活は、飽和脂肪酸を摂取しすぎており、摂取しないリスクのほうが大きいと考えられます。

EPAの過剰症

単体での過剰症は、報告されていません。

魚を通しての水銀の同時摂取には、十分に注意しましょう。

摂取時の注意点

EPAを多く含む魚などの食品から摂取を考えている場合は、魚に含まれる水銀には十分に注意しましょう。

ビタミンEと同時に摂取すると、EPAの酸化を抑え、効果が長持ちします。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

食品100g当たりのEPAの含有量

シジコ 1.9g

マイワシ 1.4g

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。

また、当サイトは、漫画や中国株などとは一切関係がございません。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.