コエンザイムQ10(ユビキノン)の効能

解りやすく、コエンザイムQ10の効果や過剰摂取による副作用などの解説をしています。
最近では、DHCや資生堂など大手メーカーもサプリメントや化粧品を販売しており、
効能の高さから、注目度の高い栄養素です。

コエンザイムQ10

[化学名]ユビキノン [性質]脂溶性

コエンザイムQ10の効果

心疾患を改善します

コエンザイムQ10は生命維持活動に、密接に関わっており、特に心臓に多く存在します。 その為、欠乏すると、最初に心臓に影響が出てしまいます。
必要量を満たしていると、改善してくるようです。

疲れを軽減する

コエンザイムQ10が生命維持活動に必要なATPの生産を助け、疲れを軽減します。

活性酸素を除去し老化を防止する

コエンザイムQ10は、特に脂質の抗酸化能力が高く、 又すでに対酸化の役目を終えたビタミンEを安定した元のビタミンEに戻します。
活性酸素を除去することは、老化防止にも役立ちます。

コエンザイムQ10の欠乏症

衰弱、疲労

心疾患

コエンザイムQ10の副作用

1日300mg以上の摂取で、肝機能テストにおいて軽度の上昇が有るようですが、症状にあらわる肝臓病気の報告は特になし。

極くまれに、胃の不調、食欲不振、吐き気、下痢など

摂取時の注意点

コエンザイムQ10は、抗酸化の仕事を終えたビタミンEを再生し、効率よく働くので、同時に摂ると効果的です。また、ビタミンAカテキンなど抗酸化作用のある物質と同時に摂取すると効果的です。

極くまれに、軽度の過剰症がみられているので、1日に100mg以上摂取する場合は、2回から3回に分けるとよいでしょう。

ワルファリンと併用するとコエンザイムQ10がファルファリンの効果を薄める可能性があるようです。

コエンザイムQ10の関連サイト。

コエンザイムQ10の効果
話題の栄養素であるコエンザイムQ10の効果をわかりやすく説明しています。抗酸化作用についての説明など、深く解説しています。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。
一般的にいわれている摂取目安量は、30mg〜60mgです。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.