コラーゲンの効能

解りやすく、コラーゲンの効果や過剰摂取による副作用などの解説をしています。
ハリのある美しい肌を作る為に欠かせない栄養素ですので、コラーゲン鍋やコラーゲンゼリーなどの食品から副作用に注意しながら、しっかり摂取して下さい。

コラーゲン

[分類]タンパク質

コラーゲン効果

ハリのある肌を作ります。

肌の本体とも言うべき真皮には、コラーゲンが70%占めています。
その中で、互いに橋を架け合い、肌の弾力を生み出しているのです。

コラーゲンは関節を守ります。

関節を保護している軟骨は、コラーゲンとプロテオグリカン(グルコサミンやコンドロイチンなど)を主成分としています。
しっかり摂取することで、軟骨を丈夫に保ち関節を守ります。

血管を守ります。

血管にもコラーゲンは豊富に含まれており、傷ついた血管壁を修復する働きがあります。
血管の健康を守ることで、動脈硬化などの予防にも期待されています。

コラーゲンの欠乏症

肌のしわ、たるみ

関節痛、骨粗鬆症

重度の際には、壊血病を招く原因にもなります。

コラーゲンの副作用

コラーゲンはタンパク質の1種ですので、副作用は殆どありませんが、過剰量を長期に摂取すると、栄養面のバランスを崩してしまう場合がありますので注意して下さい。

コラーゲン注入の副作用としては、遅延型陽性反応、ビーズ状反応、点状出血斑、紫外線による異常反応などが報告されています。

摂取時の注意点

アレルギーなどでタンパク質に過剰反応する人は注意して下さい。

ニワトリを原料としたコラーゲンの安全性については十分なデータがありませんので、妊娠中や授乳中は使用を避けるように言われています。

ヒアルロン酸と同時に摂取すると美容効果が高まります。

コラーゲンの関連サイト

コラーゲンの効果
人気の栄養素であるコラーゲンの効果をわかりやすく説明しています。美しい肌作りに役立てて下さい。

コラーゲンナビ。
原料の違いや、効果などコラーゲンについてを詳しく解説しています。摂取のタイミングなどほしい情報がかいてあります。

フィッシュコラーゲン
牛や豚と魚から取れるコラーゲンには違いがあります。良いとされているフィッシュコラーゲンを詳しく解説しています。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。
一般的にタンパク質としての摂取目安量は1日5g以上と言われていますので、ハリのある肌を作る為には、それ以上にしっかり摂取する必要があります。

コラーゲンを多く含む食品

動物性のタンパク質であるコラーゲンは、動物や魚類の皮・スジ・骨・軟骨などに多く含まれています。

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。



Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.