葉酸(ビタミンM)の効能

特に妊婦さんが意識して摂取する必要がある葉酸、
その効能や効果、過剰症などの解説をしています。

葉酸(ビタミンM)

[化学名]プテロイルグルタミン酸 [性質]水溶性

葉酸の効能

悪性貧血を予防する

葉酸がビタミンB12と協力して、赤血球の生成を助けます。 ちなみに鉄分不足でおこる貧血と区別して、ビタミンB12、葉酸の不足でおこるものは、悪性貧血とよばれています。

動脈硬化を予防する

葉酸が動脈硬化の原因とされているホモシステインをメチオニン(アミノ酸の一種)に円滑に代謝させます。

DNAの合成や細胞分化、修正を助けます

細胞分化の盛んな胎児や乳幼児に欠かせないのが葉酸で、先天性の発育不全を防ぐ意味から、厚生労働省も、妊娠前から1日400μgの摂取をすすめています。

ガンを予防します

葉酸が肺ガン、直腸ガン、子宮頸ガンの予防に役立つとされています。

免疫力を高めます

葉酸がパントテン酸ビタミンB6と共に免疫の為のたんぱく質の生成を助けます。

胃腸の粘膜を強くする

消火器系の粘膜は細胞の生まれ変わりが多く、細胞分裂を繰り返していて葉酸が細胞分裂時に活躍します。

天然の葉酸を含んだ、お奨めサプリメント。

ライフスタイルシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

マルチビタミン

天然の葉酸を、100mgの高配合。
23種類もの栄養素を同時に摂取。

パセリや人参(キャロット)などから作った天然マルチビタミン・ミネラルです。
全てのビタミンB群が配合されているので、効率よく栄養素が働いてくれます。

妊娠されている方は、400mcgの葉酸摂取を推奨されていますので、こちらのビタミンB群(葉酸配合)サプリメントがお奨めです。
販売元:ナチュレサプリメント

フードネイチャーシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

フードネイチャー

自然のままの、葉酸で健康の基礎作りに最適。

一般的なサプリメントと違い、化学合成ビタミンは当然の事、抽出ビタミンすら使わずに、「野菜」・「果物」をそのまま、サプリメントにしています。また、添加物も最小限にとどめており、安全・天然にこだわったサプリメントになっています。
販売元:サプリメントアンドピュア

※各サプリメント販売店とのトラブル等は、当サイトでは一切関知致しません。
又、効能は栄養素に対しての記述であり、サプリメントの効能を述べたものではありません。

葉酸の欠乏症

悪性貧血、神経障害、胃潰瘍、腸機能障害

妊婦においては、胎児の神経管閉鎖障害

葉酸の過剰症

発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害

摂取時の注意点

ビタミンB群は相互的に働くので、Bコンプレックス(B1B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸) で摂るようにすると効果があがります。特にビタミンB12と協力することで造血を促進してくれます。

妊娠時には、400mcgもの葉酸が必要になるので、特に意識して摂取してください。

葉酸はビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCがないと十分に機能できません。またビタミンB6、B12と協力することで、動脈硬化のリスクをさらに減らすことが出来ます。

亜鉛とは複合体を形成し、亜鉛の吸収を悪くする報告があります。

葉酸の関連サイト

葉酸の情報
妊娠時に必要な葉酸の情報を解りやすくまとめられています。各社の葉酸サプリメントの比較表などが充実しています。

葉酸の全てがわかるサイト!
栄養士さんが、ビオチンの事をわかりやすく解説してくれています。非常に読みやすく、おすすめのサイトです。

1日当りの摂取目安量
  厚生労働省
推  奨  量
米国食品医薬品局
推  奨  量
適正値 上限値 適正値 上限値
男性 200μg 1000μg 200μg 設定なし
女性 200μg 1000μg 400μg 設定なし

食品での必要摂取量換算

キャベツ 約中1玉(619g)

ほうれん草 約3束 (90g)

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.