ビタミンE(トコフェロール)の効能

穀類などの食べ物に含まれ、抗酸化作用や不妊の改善などで有名なビタミンEの効果や欠乏症の解説をしています。摂取量も掲載していますので、過剰摂取による副作用には注意してください。
ビタミンEの食材からの摂取が難しい時は、DHCなど大手メーカーもサプリメントを販売しているので、利用するのもいいでしょう。

ビタミンE(トコフェロール)

[化学名]トコフェロール [性質]脂溶性

ビタミンEの効果

活性酸素を除去します

ビタミンA・C・Eは代表的な抗酸化ビタミンで、心筋梗塞、脳卒中、ガン、などの病気を誘発するとされる活性酸素を除去する効果があります。

血液をサラサラにします

ビタミンEが、悪玉コレステロールの酸化を抑制し血小板の粘着を防ぎます。

更年期障害をやわらげる

ビタミンEは、女性ホルモンの代謝を助け更年期障害の症状を緩和します。不妊の改善にも役立つとされています。

新陳代謝を活発にします

ビタミンEは、毛細血管を拡張させ、血液の流れをよくすると共に、新陳代謝も活発にします。

天然のビタミンEを含んだ、お奨めサプリメント。

ライフスタイルシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

マルチビタミン

ビタミンEを、100IUの配合。
23種類もの栄養素を同時に摂取。

パセリや人参(キャロット)などから作った天然マルチビタミン・ミネラルです。
「タイムリリース加工」と「キレート加工」が施され、栄養素を効率よく、ゆっくりと吸収することが可能です。

積極的にビタミンEを補給したい方には、こちらのビタミンEサプリメントが400IUも配合され、お勧めです。
販売元:ナチュレサプリメント

フードネイチャーシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

フードネイチャー

自然のままの、ビタミンEで
健康の基礎作りに最適

一般的なサプリメントと違い、化学合成ビタミンは当然の事、抽出ビタミンすら使わずに、「野菜」・「果物」をそのまま、サプリメントにしています。また、添加物も最小限にとどめており、安全・天然にこだわったサプリメントになっています。
販売元:サプリメントアンドピュア

※各サプリメント販売店とのトラブル等は、当サイトでは一切関知致しません。
又、効能は栄養素に対しての記述であり、サプリメントの効能を述べたものではありません。

ビタミンEの欠乏症

通常、欠乏症はおこりませんが、未熟児の場合、溶血性貧血や運動失調などの神経症状などがおこります。

ビタミンEの過剰症

極まれに下痢

摂取時の注意点

ビタミンA・Cと同時に摂ると抗酸化作用の効果が高まります。

ビタミンEは野菜などよりも穀類に多く含まれるので、誤解しないようにしてください。

コエンザイムQ10と同時に摂ると、抗酸化の仕事を終えたビタミンEを再生します。

ビタミンEは天然と合成を比較すると、天然のほうが体内での利用効率が高く、効果が優れています。

ビタミンEの情報サイト

ビタミンE.com
抗酸化作用で若さを保つのに有効なビタミンEの効能や、サプリメントの選び方を紹介しています。

1日当りの摂取量
  厚生労働省
推  奨  量
米国食品医薬品局
推  奨  量
適正値 上限値 適正値 上限値
男性 10mg 600mg 15mg 設定なし
女性 8mg 600mg 15mg 設定なし
食べ物での必要摂取量換算

アーモンド 27粒(32g)

かぼちゃ 625g

栄養素はできるだけ食品などの食べ物での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.