ナイアシン(ビタミンB3)の効果

解りやすくナイアシンの効能などの解説をしています。
うつや統合失調症への効果や、どのような働きを持っているのかを学び、
健康に役立ててください。

ナイアシン(ビタミンB3)

[化学名]ニコチン酸.ニコチン酸アミド [性質]水溶性

ナイアシンの効能

二日酔い、悪酔いを防止

ナイアシンがアルコールの分解を助け二日酔いを防止します。

たんぱく質、脂質、糖質の分解を助けます

ナイアシンがたんぱく質、脂質、糖質を分解しエネルギーに変えるのを助けます。

喘息時の喘鳴音を緩和

ナイアシンが体内の様々な場所に炎症を引き起こすヒスタミンを減少させます。

口内炎や口角炎等を抑え粘膜を健康に保つ

ナイアシンは粘膜の強化にも関わっています。

血清コレステロールの低下(但し大量摂取が必要で副作用があり)

ナイアシンが悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。但しニコチン酸の方を1日数g摂取が必要で強い副作用もありますので、個人では絶対に行ってはいけません。

天然のナイアシンを含んだ、お奨めサプリメント。

ライフスタイルシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

マルチビタミン

天然のナイアシンを、20mgの高配合。
23種類もの栄養素を同時に摂取。

パセリや人参(キャロット)などから作った天然マルチビタミン・ミネラルです。
全てのビタミンB群が配合されているので、効率よく栄養素が働いてくれます。
又、ナイアシン酸アミドの形で含有されており、過剰症が起こりにくくなっています。

さらに多くの、ナイアシンを摂取したい場合は、こちらのビタミンB群サプリメントがお奨め。
販売元:ナチュレサプリメント

フードネイチャーシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

フードネイチャー

自然のままの、ナイアシンで健康の基礎作りに最適。

一般的なサプリメントと違い、化学合成ビタミンは当然の事、抽出ビタミンすら使わずに、「野菜」・「果物」をそのまま、サプリメントにしています。また、添加物も最小限にとどめており、安全・天然にこだわったサプリメントになっています。
販売元:サプリメントアンドピュア

※各サプリメント販売店とのトラブル等は、当サイトでは一切関知致しません。
又、効能は栄養素に対しての記述であり、サプリメントの効能を述べたものではありません。

ナイアシンの欠乏症

ペラグラ(顔や手に炎症を起こし、その後下痢などの消火器系障害、末期は痴呆などの中枢神経障害)

ナイアシンの過剰症

神経過敏、頭痛、腸痙攣、下痢など

30mg程度摂取するとナイアシンフラッシングを起こす。(顔が紅潮して痒くなる。)ただしこの症状はナイアシン酸アミドで摂取した場合はあまり見られない。

ナイアシンの関連サイト

ナイアシン.com
統合失調症や口内炎に有効なナイアシンの効果を深く掘り下げて解説しています。糖尿病についても記載があるので参考にしてください。

摂取時の注意点

良質のたんぱく質を摂取するとにより、トリプトファン(アミノ酸の一種)からナイアシンが合成されます。

ビタミンB群は相互的に働くので、Bコンプレックス(B1B2B6B12、ナイアシン、パントテン酸ビオチン葉酸) で摂るようにすると効果があがります。

1日当りの摂取目安量
  厚生労働省
推  奨  量
米国食品医薬品局
推  奨  量
適正値 上限値 適正値 上限値
男性 17mg 30mg 19mg 設定なし
女性 13mg 30mg 19mg 設定なし
食品での必要摂取量換算

さば 約0.5尾(175g)

かつお節 38g

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.