アスタキサンチンの効果を解説。

カニやサケなどに含まれる色素であるアスタキサンチンは、カロテノイドの1種であり、強力な抗酸化作用を持つ抗酸化物質です。また、アスタキサンチンは副作用の報告が無く、極めて安全性が高い成分です。

アスタキサンチン

[大分類]カロテノイド

アスタキサンチンの効果

脳や目の機能低下を予防

アスタキサンチンは、抗酸化物質の中でも脳関門や網膜関門を通過できる希少な成分であり、脳や目の重要器官に対してダイレクトに抗酸化効果を発揮し、活性酸素による機能低下を防ぎます。

老化防止

アスタキサンチの抗酸化作用は、ビタミンEやβカロテン以上の抗酸化効果を持っており、食品から摂取する抗酸化物質の中でも最高レベルの強さだと言われています。この効果によって体内での活性酸素を抑制し細胞の老化を防止します。

美肌を作る

肌は紫外線の影響によって活性酸素が非常に発生しやすい場所であり、アスタキサンチンはシミの発生やコラーゲンの破壊を防ぎます。アスタキサンチンの効果は、もちろん肌においても発揮され、最近では化粧品にも配合されています。

アスタキサチンの欠乏症

アスタキサンチンは、ビタミンやミネラルのように必須という訳ではありませんので欠乏症はありませんが、現代社会は活性酸素が発生しやすい環境が多い為、アスタキサンチンをはじめとした抗酸化物質が非常に重要だと言われています。

アスタキサンチンの副作用

現在のところアスタキサンチンの摂取による副作用は報告されていません。

摂取時の注意点

他の抗酸化物質と組み合わせて摂取することで、よりアスタキンサチンの効果が活かされると言われています。

1日当りの摂取目安量

現在のところ1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

多くの研究結果によると、健康維持を目的とした場合には1日0.6〜1g、効果に期待する場合には1日1〜3g目安にすると良いとされています。

多く含む食品

サケ、エビ、カニ、キンキ(皮)、メバル(皮)

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.