アラキドン酸の効能を解説。

不飽和脂肪酸のひとつである、アラキドン酸は、レバーなどの食品に多く含まれています。最近では、その効果から、サプリメントが販売されています。
アラキドン酸カスケードといわれる代謝には、炎症などの副作用がありますが、脳に必要な栄養素なので、効能をよく知り、サプリを上手に利用しましょう。

アラキドン酸

[大分類]不飽和脂肪酸 [小分類]n-6

アラキドン酸の効果。

脳の活性化

アラキドン酸には、脳を活性化する作用があり、記憶力や集中力を高めてくれます。脳の健康を保つ効果もあり、脳の若さを保つ働きもあります。

脳の回復

脳挫傷などによる後遺症にアラキドン酸は効果的だといわれています。こちらの効能は、今現在も研究が進められています。

アラキドン酸の欠乏症

報告はありませんが、脳の健康を保つためには、適切な摂取をお奨めします。

アラキドン酸の副作用

アラキドン酸カスケードによる炎症反応の副作用があります。

アレルギー

摂取時の注意点

アラキドン酸カスケードというアラキドン酸が変化していく代謝の過程で、炎症などを引き起こすことがあるので注意しましょう。

n-3系多価不飽和脂肪酸である、DHAなどと同時に摂取すると効果的です。

1日当りの摂取目安量

現在、1日当たりの摂取目安量は、厚生労働省では設定されておりません。

多く含まれる食べ物

豚レバー

牛レバー

鶏卵

栄養素はできるだけ食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、自然に近いものが安心です。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 wikiより解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.