ビタミンA(レチノール)の効能

肉類などの食べ物に多く含まるビタミンAは、目に優しい効能などを持っています。
妊娠中の過剰摂取による副作用や、サプリメントの紹介など役立つ情報を紹介していますので
ビタミンAの摂取量に注意して、食品からの摂取を心がけてください 。

ビタミンA

[化学名]レチノール [性質]脂溶性

ビタミンAの効能

疲れ目や視力の低下を防ぐ

明るさや暗さを感じる網膜に多くあるのがレチノール(ビタミンA)を含んだ光受容体で、不足すると目のトラブルが生じます。

肌あれを防ぐ

ビタミンAが皮膚粘膜形成を助けて角化を抑えてくれます。

風邪を予防する

粘膜の形成や働きにビタミンAが大きく関わっている為に、ウイルスが体内へ侵入するのを食止めてくれます。

ガンを予防する

ビタミンAが上皮細胞の免疫力を高めることでガン予防(特に胃ガン)つながります。またビタミンAそのものに発ガン抑制作用があることも判明しています。

活性酸素を除去します

ビタミンA・C・Eは代表的な抗酸化ビタミンで、心筋梗塞、脳卒中、ガン、などの病気を誘発するとされる活性酸素を除去します。

天然βカロテン(ビタミンA)を含んだ、お奨めサプリメント。

ライフスタイルシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

マルチビタミン

ベータカロチン(ビタミンA)を、5,000IU配合。
23種類もの栄養素を同時に摂取。

パセリや人参(キャロット)などから作った天然マルチビタミン・ミネラルです。
「タイムリリース加工」と「キレート加工」が施され、栄養素を効率よく、ゆっくりと吸収することが可能です。
販売元:ナチュレサプリメント

フードネイチャーシリーズ
マルチビタミン・ミネラル

フードネイチャー

自然のままの、ベータカロチン(ビタミンA)で
健康の基礎作りに最適

一般的なサプリメントと違い、化学合成ビタミンは当然の事、抽出ビタミンすら使わずに、「野菜」・「果物」をそのまま、サプリメントにしています。また、添加物も最小限にとどめており、安全・天然にこだわったサプリメントになっています。
販売元:サプリメントアンドピュア

※各サプリメント販売店とのトラブル等は、当サイトでは一切関知致しません。
又、効能は栄養素に対しての記述であり、サプリメントの効能を述べたものではありません。

ビタミンAの欠乏症

夜盲症(暗い場所で物が見えにくくなります。)

発育期においては、成長停止・知能障害

ビタミンAの過剰摂取による副作用

吐き気、頭痛、発疹、下痢、疲労感、睡眠障害など

妊娠中においては、奇形・流産など(ベータカロチンでは問題ありません)

摂取時の注意点

脂溶性ですので、脂肪のある食品と同時に摂取すると吸収効率があがります。 また、過剰摂取による副作用の心配があるので、体内で必要な分だけビタミンAに変えてくれる、ベータカロチンで摂取すると安心です。

妊娠初期の方は、胎児にも影響があるので、過剰症の心配がほとんどない、ベータカロチンを摂取しましょう。

ビタミンE・Cと同時に摂ると抗酸化作用が高まります。

ビタミンAの情報提供サイト。

ビタミンAの効果と解説。
目を健康に保ち粘膜を強くしてくれるビタミンAは妊娠中にも必要な栄養素です。過剰摂取の副作用の回避方法など有益な情報を提供しています。

1日当りの摂取目安量
  厚生労働省
推  奨  量
米国食品医薬品局
推  奨  量
適正値 上限値 適正値 上限値
男性 2300IU 5000IU 5000IU 25000IU
女性 1800IU 5000IU 4000IU 25000IU
食品での必要摂取量換算

鳥レバー 4.3g

ゆで卵 約6個(353g)

栄養素はできるだけ、野菜などの食べ物や食品での摂取を心がけましょう。

栄養素をサプリメントなどで摂取する場合は、こちらを参考にしてください。

スポンサードリンク

注意点

トップページのビタミン・ミネラルの効果や効能に記載の、「注意事項と免責事項」をご理解の上ご利用下さい。


Copyright©「 解りやすいビタミンの効能」All rights reserved.